芋川耳鼻咽喉科クリニック 最新の医学、科学的根拠に基づいた、良質な医療サービスを提供したいと考えています。

クリニックから

芋川 英紀 院長

いもかわ ひでき
院長芋川 英紀

  • 昭和35年生まれ
  • 医学博士(主要研究テーマ:抗ヒスタミン剤の薬理効果について)
  • 聖マリアンナ医大耳鼻科非常勤講師
  • 日本耳鼻咽喉科学会認定 耳鼻咽喉科専門医
  • 日本レーザー医学会認定 レーザー専門医
  • 日本レーザー医学会認定 レーザー指導医
  • 日本形成外科学会認定 形成外科専門医
  • 日本耳鼻咽喉科学会認定 補聴器相談医
当院の院内感染防止
対策はこちら
疲労回復・アンチエイジング
整容・美容はこちら

年末年始のお知らせ

12/28(水)〜1/4(水)休診いたします。

当院は予約制ではありません

  • 予約はできません。来院順の診察です。

院内感染防止の取り組み

  • 当クリニックは、今度のパンデミックで多くを学び、院内感染防止のさらなる取り組みを行っています。詳しくは、>>院内感染の防止対策をご覧ください。

お知らせ

  • 11/1より受付時間が変わります。午前の受付は9:00から、午後の受付は14:30からになります。診療時間は変わりません。
  • Bスポット治療を行っております。
    この治療は、煩わしい後鼻漏(鼻水が喉の奥まで流れ落ちる症状)などに対して、薬を塗布する治療です。症状が気になる方はご相談ください(詳しくお知りになりたい場合はネットなどに解説が出ています)。
  • 今年度のスギ花粉のレーザー治療を開始しました。
  • 発熟、激しい咳、強い倦怠惑のある方は診察できません。新型コロナの抗原検査等で陰性が出ていても偽陰性の可能性があるため診察はできかねます。
    上記症状がある場合はまず電話を下さい。PCR検査が陰性の場合はその旨お伝えください。医師の問診の上、対応方法を指導させていただきます。
  • アレルギ一性鼻炎などの慢性疾患で当院をかかりつけとする方が、お薬の継続を希望される場合、このコロナ感染症の混乱時は来院しなくとも、お電話いただければ処方箋をかかりつけ薬局にFAXする等の柔軟な対応が可能になりました。よってお電話下さい。
  • 当院では医師を含めスタッフ全員が新型コロナワクチンの接種済です。
  • 当院では、いわゆる新型コロナ感染に対して完全な対応はできません。市井の開業医では基本的にコロナ感染に対して簡易検査を含めて対応が不可能なのです。なにとぞご理解ください。
  • 当院での禁煙治療は、製薬会社から 治療原材料に異物混入の可能性が判明したとのことでの製品使用の一時的中止勧告が出たため、暫くの期間、中止いたします。
  • 平成26年10月からスギ花粉症に対する舌下免疫治療が保険適応になりました。しかしながら、①患者さん負担②治療効果③治療リスク等の面で私なりの判断で、しばらく舌下免疫治療は当院では行わないことにいたしました。今後、ハウスダストなどにも保険治療範囲が拡大したら、再考したいと考えております。

院長から

今まで20年、当院院長 芋川英紀は、あくまでも本道の耳鼻咽喉科をメインに地域医療に対応させていただいておりましたが、掛かり付けの患者様中心に、美容 整容 抗加齢 レーザー治療 形成外科診療も提供しております。

近年、 整容、美容を希望される患者様の問い合わせも増えてきました。ご希望の方は、まずはご相談ください。保険対象、対象外で様々な治療を行っています。当院の範疇外の場合は、ネットワークを通した対応(紹介等)も可能です。

 

案内・地図

芋川耳鼻咽喉科クリニック

  • 耳鼻咽喉科・アレルギー科・形成外科
  • 疲労回復、アンチエイジング、しみ・ほくろレーザー治療にも対応
  • 住所:鎌倉市小町2-10-1 松喜屋小町ビル3階
  • TEL:0467-24-7273(予約はできません)
  • FAX:0467-24-7273
  • アクセス:鎌倉駅東口よりバリアフリーで徒歩1分位。
    駐車場はありません。車の場合は有料パーキングの利用となります。
    〈近隣にコインパーキング多数有り→有料P地図

クリニックの紹介

開業医レベルで対応困難な重症患者さんのために、大学病院ならびに近隣の医療機関と緊密な連携体制をとっていることがこちらのクリニックの特長の一つです。

院長は、耳鼻咽喉科、形成外科、美容、整容、抗加齢、レーザー治療の専門医、レーザー指導医の資格を有し、レーザーの施設での指導実績も多数。

耳鼻咽喉科一般治療に加え、アレルギー治療(レーザー外来)、補聴器相談外来、めまい外来、睡眠時無呼吸症相談(終夜睡眠監視モニターなど)も受け付けています。

セカンドオピニオンの相談可。英語での診療も可能です。English available

毎週火曜・金曜の午前に補聴器外来を行っております。
医師と補聴器技師による医療目線の補聴器装用のお手伝いを提供いたします。

身体障害判定指定(聴覚・発声)施設

2010年には抗菌、抗ウイルス、脱臭効果に優れた光触媒塗料処理を、院内の壁、パーティション、カーテンに施しました。

診療時間


午前の診療
9:30〜12:00
午後の診療
15:00〜18:00

〈休診〉水曜、日曜、祝日 土曜午後

  • 午前の分の受付は朝9時開始となります。診療は9時半開始です。
  • 午後の診療受付は午後2時半からになります。診療は3時からです。
  • 診察中の方の受付番号が待合室にある電光掲示板に表示されますので、待ち時間の参考になります。
  • 受付を済ませてから院外へ出た場合は、待合室に戻った時に受付に声をかけます。(名前を呼ばれた際に不在だと、3番ほど後の診療になります)
  • 当院は予約制ではありません。来院順に診察となります。(重症の方や、極めてご高齢の方、1歳未満の乳児さんは院長の判断で優先的に診療致します)

疲労回復・アンチエイジング・整容・美容(保険診療/保険外診療)

疲労回復、免疫力向上、美肌、更年期障害、アンチエイジングなどについて、医学に基づく当院のケアが好評をいただいております。御希望の方は受付にお申し出ください。通常は自由診療扱いで健康保険の適応外です。なお傷や変形の治療などは整容でも保険適用となる場合もあります。当院は患者さまの負担を考え、適正な治療費にこだわっています。

当院院長は、美容、整容、レーザー治療専門医・指導医、また形成外科の専門医資格をもち、特にレーザーによるホクロ・シミ治療は30年にわたる長いキャリアのもと、安全で皆様が満足される治療結果を適正な費用で提供します。

当院では不要な治療は決してお勧めしません。治療の必要がなかったり治療で満足の得られない場合には、カウンセリングではっきりとお伝えします。

  • プラセンタ注射 1アンプル2,500円(税抜き)
    筋肉注射、極細の無痛30Gの注射針を使用いたします。受付にお申し出いただけば、簡単な問診で待ち時間無しで注射を行います。妊婦さんは原則として対応はいたしません。
    プラセンタ注射は十分な加熱処置を行っている為、HIVなどの感染症に対しては安全ですが、ヒト胎盤製剤である為に未知のウィルスについて100%の安全性は不明です。よってプラセンタ注射を行った方は献血が出来なくなります。しかし過去40年以上使用されている薬剤で、特に今まで問題となる様な有害事例はございません。院長も10年前から、自ら週2本程度継続治療中です。
  • 総合ビタミン群(総合ビタミンB ビタミンC アリナミン高濃度液)点滴 3,200円(税抜き)
    いわゆるニンニク点滴です。疲労回復、お肌のケアに有効です。
  • シミ、ホクロの除去 3,000円(税抜き)から
    レーザー治療も可能です。治療に際しては痛み止めクリームなど使用しますのでほぼ無痛です。
  • まつ毛育成 塗薬1本 約1〜2か月分 5,000円(税抜き)
    まつ毛ボリュームアップには驚く効果のビマトプロストもご用意できます。
  • 外傷外科
    顔や手の目立つ場所の治療、犬猫に咬まれた傷、深い擦り傷、汚い皮膚の怪我などに対応いたします。また、目立つ傷跡の修正も行います。
  • 小じわ・ほうれい線の整容、鼻部などのプチ整形には安全なヒアルロン酸を厳選し、米国製ジュビダームやイタリア製スキンフィルを取り揃えております。
注射
プラセンタエキス30G無痛針
点滴
ビタミン群点滴 痛みが少ない翼状針使用
レーザー機器1
レーザー機器1
レーザー機器2
レーザー機器2

院内感染の防止対策

院長の私見

コロナウィルスは、今後しばらく、とてもやっかいな人類の新たな敵となります。

コロナウィルスは、決して猛毒ウィルスではありませんが、体力低下のある方、持病、糖尿病、心臓疾患のある方、高血圧症のある方、ヘビースモーカー・高齢の方にとっては怖いものです。

インフルエンザは特有の身体症状、患者さんの動きにより、ある程度の経験ある医師なら、間診と患者さんの観察でおおむね診断が出来ます。その上、15分後には90%の精度で診断出来る検査機器も多くの医療施設で導入されています。それに何より素晴らしい特効薬がいくつもあります。効来が十分に期待できるワクチンもございます。

インフルエンザは感染すると症状が強く、ほとんどの人が治療で数日で改善します。ところがコロナウィルスは、症状がごく軽いか、または全く無症の方が多いと考えられております。そうなると、「人の集まる所コロナあり」と考えて行動する必要があります。第一波はしのいでもコロナウィルスは生きのこって、肺炎になりやすく、若い人も人によっては命を落としてしまいます。

コロナ後、世界は大いなる変化を余義なくされる、つまり「アフターコロナ」をどう生きぬくかが問題です。医療施設も変わざるを得ません。今まで以上、次元が違うレベルの強力な院内感染の防止対策が必要不可欠と考えます。

当クリニックは、今度のパンデミックで多くを学び、すぐに対応できるものはすぐに、少々時間がかかるものも、できるだけ速やかに、院内感染防止のさらなる取り組みを行ってまいります。

換気につきましては、常時、玄関ドア開放。待合室窓の開放、4つのエアサーキュレーターによる、院内全体の空気のよどみ対策を徹底しております。昨年、新規にエアコン設備を2倍に追加。換気による院内の温度対策には、今できるすべてを投入しております。お昼時間内は、職員は密なく喫飲食の体制、食事中会話禁止を徹底。院内でのコロナ感染は、この努力でほぼ回避できると確信いたします。

コロナの医療機関受診抑制が進んでおります。本来、受診は治療の上で不可欠なもので、抑制は非常に大きな問題点と、私は考えます。当院は上記努力次第を実践しております。ご不安なくご来院ください。

芋川耳鼻咽喉科 院長 芋川英紀

2021年8月更新

感染症予防強化に関する当医院の設備管理面での取り組み

当院では患者様に安心して受診いただけるよう、設備管理面でも感染症予防に積極的に取り組んでいます。

  • ネブライザーはマスク、チューブともに患者様ごとに消毒します。
  • 薬剤噴霧器の先端(ノズルカバー)をディスポーザブルにしました。
  • 鼻処置用の吸引機で吸引された空気が院内に直接排出されないように特殊なフィルターを設置しております。
  • 常時、玄関ドア開放。待合室窓の開放。エアコン設備を増強し、換気による院内の温度対策を行っております。
  • 4つのエアサーキュレーターによる、院内全体の空気のよどみ対策。
  • ドアノブ、待合室、イス等の接触部分の定期的な消毒をしています。
  • 受診される患者さまに窓口で検温のご協力をお願いいたします。スタッフも全員毎日検温しております。
  • お昼時間内は、職員は密なく喫飲食の体制、食事中会話禁止を徹底しております。
ネブライザー
ネブライザーはマスクだけでなく、患者さんの手が触れるチューブも毎回消毒します。
薬剤噴霧器のノズルカバー装着前
薬剤噴霧器のノズルカバー装着前。
ノズルカバー装着後
ノズルカバー装着後。使い捨てなのでいつも清潔です。
吸引機の排気フィルター
患者さんの鼻を吸引した空気は、排気フィルターで微粒子や細菌を除去してから排出します。
待合室の空気清浄機
待合室には空気清浄機とファンを設置、頻繁に窓を開けて換気を行っています。
トイレ
受付とトイレには手指消毒液を置いています。ご自由にご利用ください。
洗浄・消毒機
写真は、最新型の内視鏡洗浄・消毒機。全自動で内視鏡の消毒が確実にできるとのこと。院内感染根絶に最大限の努力をしています。
消毒液
内視鏡洗浄には、各種の細菌・真菌・ウイルスに対して殺菌・不活化効果のある薬剤を使用しています。

院内写真

クリニックビル入口
小町通りに入って100mほど先の右手、焦げ茶色のビルの3F。ビルの隣に入口があり、エレベーターも利用できます。
ビル入口案内板
ビル入口にある案内板
芋川耳鼻咽喉科クリニック入口
鎌倉駅から診察室まで、完全バリアフリーです。待合室の電光掲示板に表示される番号で、おおよその待ち時間がわかります。
レーザー
レーザー治療はアレルギー性鼻炎や花粉症の全てに適応があるわけではありません。詳しくは受診して、院長に相談してみてはいかがでしょう。簡単な麻酔をするので、治療中の痛さはほとんど無いようです。
待合室
待合室の液晶テレビでは、子ども向けビデオが流れています(大人も楽しい!)。院長が選んだ絵本やアメニティは、子どもたちに人気です。

眼瞼下垂を相談したところ、保険が適用されて自己負担数万円で手術していただけました。柔道耳なども保険で対応できるそうです。美容外科だと自費診療で高額なので、こちらに相談して良かったです。(2021年12月)

久しぶりの来院でしたが、待ち時間もほとんどなく診察を受けることが出来ました。先生は以前と変わらずとても話しやすく、処方される薬についても丁寧に説明して下さいます。病院内のコロナ対策もかなりしっかりされているため、とても安心できます。(2021年10月)

新型コロナが発生した頃、定期休診を「長期休診中」と間違われてしまったそうです。でもその間に感染症対策を練りなおしグレードアップする姿勢は、さすがです。久しぶりにいきましたが、先生が冴えていました。(2020年6月)

院長選択の雑誌類は面白いです。BGMもイケてます。うかがったところによると、院長が選曲してiPodで製作されたもので待ち時間を楽しく過ごしていただきたいというコンセプトだそうです。(2012年10月)

待合室にはイオン式の空気殺菌機があります。診療室と待合室の間はE-イオンのエアカーテンで仕切られているそうで、子どもを待たせても安心な清潔な待合室という感じがします。(2005年10月)

「患者さんの回転よりも丁寧な診察が最重要と考えています」とおっしゃる芋川先生。その言葉どおり、一人一人に時間をとって納得の行く説明をして下さいます。どんなささいな事でも質問できる気さくな雰囲気をお持ちなので、赤ちゃんからご年配の方までかかりつけとして通っている方が多いです。ご自分の子育て経験から、小さい子(0歳児)は待たせないといった心くばりもして下さいます。
水曜日は大学病院で外来診療や手術を担当されているとのこと。いざ手術が必要な疾病があった場合でも、症例によっては先生ご本人が執刀して下さることもあり、後々のケアまで診ていただけるのは大変心強いと思います。(2005年7月)